「上半身は細いのに下半身が太い」

これって日本人女性に多い悩みです。

体型的なものもありますが、このアンバランスな体型になったのは小さいころからじゃないと思うのです。

じゃ、なぜ下半身太りの状態になったのか?

それは、代謝の問題でしょう。

女性は体脂肪が多くなりやすい体質。
年頃になると脂肪で体を覆うようになります。

これは女性になり、子供を産むための準備を始めているので脂肪で体内を保護するようになります。

その上、筋力をつけないとなると脂肪がよりつきやすくなるので代謝の低下につながっていきます。

代謝が低下すると...

脚の血液循環悪化、
リンパ液の流れの悪化
老廃物除去の悪化

下半身にとって太くなる要素が多くなります。

循環が悪化するとむくみにも引き起こすので、マッサージや運動で血液の循環やリンパの流れを解消する必要があります。

下半身が太くてバランスが悪い原因が分からないと解消方法も取り入れない。

だからバランスの悪い体系から脱出できず食事制限ダイエットに走ってしまうのです。

上半身と下半身のバランスを整えるためにもインナーマッスルを鍛える筋トレは必須で、食事だけに頼ったダイエットは、より体のバランスを悪くさせてしまいます。

適度なインナーマッスルが必要で、その為にも正しい筋トレをしましょう。

ただ単に筋トレするのではなく、回数が少なくても内側の筋肉にアプローチする正しい筋トレが”カギ”になります。

上半身と下半身のバランスが悪いなら筋トレが必須!

上半身と下半身のバランスを取るには「筋トレ」ですが、実は下半身を筋トレすることで上半身の筋トレの発達をサポートしているなんて話を小耳に挟みました。

一体どういうことなのでしょう?

これは筋肉の割合によるもので、上半身と下半身の筋肉の比率は1:1ではありません。

全身の筋肉の7割が下半身に集中し、下半身の筋肉の方が大きな割合を占めているの。

だから下半身の筋肉を鍛えなければ全身の筋肉量がアップしない!ってことになります。

筋肉量がアップしないということは、成長ホルモンも分泌されにくいということになり上半身の筋肉も落ちてしまう。

成長ホルモンを分泌させるには一番効率的なのが下半身の筋トレをすること
となります。

下半身の筋トレと言っても継続して出来る人は少ない。

分かっているけどできないからダイエットに成功しないし、上半身と下半身のバランスが悪いままでダイエットしては止めを繰り返します。

結局、求めているダイエット効果は得られない...

食事制限で下半身を細くすることは無理で、上半身とのバランスを取ることはできないので体を動かす必要がありますね。

効率的に下半身を細くしたいなら、通勤、通学、家事、犬の散歩等を活用してあるもので効率アップしましょう。

下半身のむくみを解消し
血液の循環を改善し
リンパの流れも良くなる

このアイテムがあれば、下半身の太さに悩んでいるあなたは楽に解消できると思いますよ!

→ メリハリ美脚になるアイテムはこちら!